性器ヘルペスに関しての知識

性病のひとつにヘルペスという病気があります。正しくは性器ヘルペスと呼ばれています。

口の周辺に出来るできものでもヘルペスがあるのですが、あちらとは原因が全く異なっていて性器ヘルペスに感染する場合には避妊をしないで性交渉もしくはオーラルプレイをする、がきっかけになります。

女性が感染を疑ったら婦人科や泌尿器科。男性は泌尿器科を受診します。

この性器ヘルペスは厄介な点がいくつかあります。一つ目は例えば男性から女性に感染した場合、感染源となっている男性が病気とは全く気が付かないで女性にうつしてしまう所です。

感染しても症状が出ないケースがあるため、誰が発生源かわからないので特定のパートナー以外と性交渉すると感染するリスクがあります。

他の性病にも自覚症状がなく異性に感染させてしまう事があるのですが、性器ヘルペスも同様です。例えば男性がどこかで女性と浮気をして性器ヘルペスをもらってきているにもかかわらず気が付かず、奥さんや彼女にうつして浮気がばれるという問題です。

男性に自覚症状がない事で「自分が加害者」と思わずにむしろ彼女や奥さんが「他の男性と浮気していたんでは」とあらぬ疑いをかけて、ますます修羅場になる事もあります。

このようなトラブルを避けるためには、少なくても特定のパートナーと性交渉やオーラルプレイを避ける事が大切です。男性はコンドームを必ず使うと安心です。大概の性病から身を守れます。

女性は感染すると性器に水膨れのようなものが出来るので、排尿時に痛みがどんどん強くなりそこで「何か病気になったのかもしれない」と疑いを持ち始めます。ちなみに最初に感染した時は激しい症状なのですが、再発した場合には比較的軽症です。

今こちらにも書きましたように、ヘルペスは一度感染すると再発する可能性が高い、というのが厄介な点二つ目です。再発の場合は誰かにうつされたのではなく、自分の免疫力が低下している際に自然にまた再発してしまうのです。

但し再発の場合、症状にもよりますが稀に自然に治癒するケースもあります。女性は妊娠中にヘルペスに感染する、もしくは再発すると母子感染して最悪の場合には胎児が死亡する事もあります。

性器ヘルペスに既に感染した経験がある方は、疲れをためない事、風邪などで体力が落ちた時は再発する可能性が高くなるのでいつもよりゆっくりする事が大切です。

女性は妊娠可能な年齢の場合、妊娠前に自覚症状がなくても性器ヘルペスの抗体があるのか調べてもらうと安心です。性器ヘルペスの際に使う薬は決して安価ではありません。厄介な病気をもらわないように、十分注意してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ