性病クラミジアとはどんな病気?詳しい解説

性交渉開始に若年化に伴い多くなっているのが、クラミジアという性病です。クラミジアという性病は珍しい病気ではありません。

男性も女性も性交渉した経験があれば、誰もが感染のリスクを持つような性病なのです。ここまでポピュラーな性病でありながら、きちんとした予防法を知らず感染をする人も後を絶ちません。

ではどのように予防をしていけばいいのでしょうか。クラミジアに関する病気の症状や予防方法をご紹介します。

クラミジアは、クラミジア・トリコマチスという菌に感染することによって起こります。感染の原因となる性交渉があってから、約1~2週間で症状が現れます。

男性がもしもクラミジアの症状が出た場合は、尿道炎で排尿時痛が起こったり尿道の分泌物が増えることがあります。女性が感染した場合は、膀胱炎や下腹部痛などが現れます。

このような症状が出る人もいますが、実際には出ない人もいるので、クラミジアにかかったことを気が付かずに経過してしまうことも少なくありません。

しかし一つ気を付けたいことは、女性が感染した場合、上行感染といって、膣から子宮口、子宮頚管、子宮、卵巣とさかのぼるようにして感染が起こってしまうために、将来的に不妊症になってしまうことがあるのです。そのためにおかしいなと思う症状があったら、早く受診をすることが大切なのです。

ではこのクラミジアに感染したことをどのように調べるのでしょうか。

男性の場合は、尿検査で調べることができます。女性の場合は、内診をして分泌物を取って検査することでわかります。検査してから結果が出るまでに数日を要します。

しかし病院に行って症状が疑われた場合には、検査で確定診断が出る前に内服治療を始めることも少なくありません。それほど早期治療が重要なのですね。

また治療を開始したら、定期的に受診をして再検査をし、クラミジア菌がいるかいないかで完治を判断します。大切なことは医師の指示通り内服をきちんと続けることです。途中でやめたりすると症状がぶり返すことがあるからです。

もしもおかしいな、クラミジアかなと思ったら、男性は泌尿器科を、女性は産婦人科を受診しましょう。そして自分に起こっている症状をきちんと伝えることが大切です。

また自分が感染とわかった場合には、パートナーも合わせて治療することが必要です。相手にいうのは恥ずかしいからという理由で、言わないで置くことよりも、きちんと事実を話し合い、一緒に治療を受けることが大切です。

関連する記事:将来の赤ちゃんのためにブライダルチェックを受ける

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ