将来の赤ちゃんのためにブライダルチェックを受ける

結婚前に自分の体、特に婦人科系をチェックすることをブライダルチェックといいます。現在では、性交渉の開始時期が若年化し、結婚前の性交渉も増えてきているのです。

それに伴って性病も発症も増えています。性病を発症しれもそれに気が付かない、また治療しないままであると将来的に不妊を引き起こすこともあるのですね。また特に自分の体に不調がないと産婦人科を受診するチャンスもありませんね。羞恥心も伴うために、若い世代では敬遠する傾向もあります。

しかし自分が知らないうちに性病などにかかっていたらどうなるでしょうか。心配ですね。また将来的に不妊症だとわかった時には、配偶者にも申し訳ない気持ちにもなりますね。

そのような状況を早く発見するためにも結婚前のブライダルチェックが重要になるのです。まずは自分の体を自分で知る、そして理解するということが重要なのですね。

ブライダルチェックは産婦人科で行うことができます。ブライダルチェックというと、どこでも検査用のセットが用意されています。

主に問診から始まり、これまでの産婦人科系の病気や手術歴を聞かれます。また具体的な検査は採血によるホルモン量のチェックやまた病気に感染したことを示す抗体量のチェックがあります。

音波の検査や尿検査もあります。超音波の検査では子宮や卵巣のはれや筋腫のチェックそのほか病気のチェックが行われます。これらのチェックにより、妊娠するのに十分なホルモン量があるのかどうか、不妊の可能性はあるかなどを知ることができます。

これらのブライダルチェックをする場合、通常の受診のように病院を受診しますが、保険診療になりません。なぜなら病気の早期発見のために受診をするので、自費診療になってしまうのです。自費診療ではその病院の検査項目によりますが、数万円が必要となります。

しかしそれで病気の早期発見ができるので、決して高いといえないでしょう。ブライダルチェックでは病気があった場合、早期の発見をすることができますね。そのために必要があれば結婚前から治療を始めることだってできるのです。

また最近では初婚年齢の高齢化、高齢妊娠も増加傾向にあり、ブライダルチェックの重要性も高まっています。そのためにこれから結婚を考えている人には、おすすめなことだといえます。

ブライダルチェックほどではないけれど、性病や子宮の検査を受けたいならば、自宅で検査できるキットも販売されています。性病検査キット徹底比較サイト!迷わない安心の検査キット

性病は自分には関係ないことだと思っている人もいるかもしれませんね。しかし発見できるのは性病だけではないので、ブライダルチェックを受ける価値は十分にあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ