クラミジア、淋病の性病にかかった体験談

私が初めて性病にかかったのは大学生の時です。

性病関連にも無知だったので最初は性病の症状が出ていても気づいていませんでした。というのも、私は初めて性病になった時に性器から膿が出ていました。

ですが私は性病という概念が余りなく無知だったのでその性病からの膿を余り気にせず「何か出ている?」ぐらいにしか思ってなかったのです。その後、それを放置し続けたせいで、膿の量は多くなり、包茎の皮に膿が溜まる程までいきました。

同時に排尿の際に尿道に激痛が走り、そこで初めて性器がおかしいと気づいたのです。自分の無知さが性病を悪化させてしまいました。

当時は埼玉県に住んでいたので近くの病院へ行き見て頂き処方箋を貰いました。ですが処方箋を飲んだのですが膿は止まらず尿道もいたいまま、なので再度病院に行き注射をして頂きました。

それでようやく初めて症状が完治しました。ちなみにその症状の結果はクラミジア&淋病のダブルでした。
処方箋の名前は憶えていないですが、1週間飲み続ける薬でした。

ちなみに症状にかかった理由は勿論性行為です、ちなみにその性行為の相手は出会い系で出会った相手です。なので病気と分かった瞬間には、私は若い頃から掲示板で数多くの女性と出会っており「ついに当たってしまったか…」という感じでした。

無事治ったから良かったものの、知識が無いのは怖いなとも実感させられました。それからはこんな性病で辛い思いはしたくないと思い、絶対にコンドームを着用しようと決意をしました。

が、月日も経ち、出会いで女性とはその後も多数出会う機会があり、どうしてもゴムを強要しない女性だとどうしても誘惑に勝てずそのまま挿入してしまいます。なので案の定再度性病にかかりました。

2回目以降は性器から膿が出たら「あ、性病になってしまった…」という感覚なのでそのまま病院へすぐに行きました。その後は処方される薬が「ジスロマック」を渡されてました。そしたらこのジスロマックがかなり効く薬ですぐに治りました。

ジスロマックというのは1回4錠、1日1錠を3回、シロップタイプを1回と、複数の飲み方があり、全てが1週間~10日ほど効果があります。ちなみに私は飲んだ日の翌日からすぐに膿が止まり、無事収まりました。

これはクラミジアには抜群の薬なので排尿時に痛みが無ければ、病院に行く際にはジスロマックを処方して貰うのが良いと思います。こんな私の性病体験談でした、膿が出たり、排尿時に痛みが走った際には早めにお近くの性病科へ駆け込みを。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ