将来の赤ちゃんのためにブライダルチェックを受ける

結婚前に自分の体、特に婦人科系をチェックすることをブライダルチェックといいます。現在では、性交渉の開始時期が若年化し、結婚前の性交渉も増えてきているのです。

それに伴って性病も発症も増えています。性病を発症しれもそれに気が付かない、また治療しないままであると将来的に不妊を引き起こすこともあるのですね。また特に自分の体に不調がないと産婦人科を受診するチャンスもありませんね。羞恥心も伴うために、若い世代では敬遠する傾向もあります。

しかし自分が知らないうちに性病などにかかっていたらどうなるでしょうか。心配ですね。また将来的に不妊症だとわかった時には、配偶者にも申し訳ない気持ちにもなりますね。

そのような状況を早く発見するためにも結婚前のブライダルチェックが重要になるのです。まずは自分の体を自分で知る、そして理解するということが重要なのですね。

ブライダルチェックは産婦人科で行うことができます。ブライダルチェックというと、どこでも検査用のセットが用意されています。

主に問診から始まり、これまでの産婦人科系の病気や手術歴を聞かれます。また具体的な検査は採血によるホルモン量のチェックやまた病気に感染したことを示す抗体量のチェックがあります。

音波の検査や尿検査もあります。超音波の検査では子宮や卵巣のはれや筋腫のチェックそのほか病気のチェックが行われます。これらのチェックにより、妊娠するのに十分なホルモン量があるのかどうか、不妊の可能性はあるかなどを知ることができます。

これらのブライダルチェックをする場合、通常の受診のように病院を受診しますが、保険診療になりません。なぜなら病気の早期発見のために受診をするので、自費診療になってしまうのです。自費診療ではその病院の検査項目によりますが、数万円が必要となります。

しかしそれで病気の早期発見ができるので、決して高いといえないでしょう。ブライダルチェックでは病気があった場合、早期の発見をすることができますね。そのために必要があれば結婚前から治療を始めることだってできるのです。

また最近では初婚年齢の高齢化、高齢妊娠も増加傾向にあり、ブライダルチェックの重要性も高まっています。そのためにこれから結婚を考えている人には、おすすめなことだといえます。

ブライダルチェックほどではないけれど、性病や子宮の検査を受けたいならば、自宅で検査できるキットも販売されています。性病検査キット徹底比較サイト!迷わない安心の検査キット

性病は自分には関係ないことだと思っている人もいるかもしれませんね。しかし発見できるのは性病だけではないので、ブライダルチェックを受ける価値は十分にあります。

クラミジア、淋病の性病にかかった体験談

私が初めて性病にかかったのは大学生の時です。

性病関連にも無知だったので最初は性病の症状が出ていても気づいていませんでした。というのも、私は初めて性病になった時に性器から膿が出ていました。

ですが私は性病という概念が余りなく無知だったのでその性病からの膿を余り気にせず「何か出ている?」ぐらいにしか思ってなかったのです。その後、それを放置し続けたせいで、膿の量は多くなり、包茎の皮に膿が溜まる程までいきました。

同時に排尿の際に尿道に激痛が走り、そこで初めて性器がおかしいと気づいたのです。自分の無知さが性病を悪化させてしまいました。

当時は埼玉県に住んでいたので近くの病院へ行き見て頂き処方箋を貰いました。ですが処方箋を飲んだのですが膿は止まらず尿道もいたいまま、なので再度病院に行き注射をして頂きました。

それでようやく初めて症状が完治しました。ちなみにその症状の結果はクラミジア&淋病のダブルでした。
処方箋の名前は憶えていないですが、1週間飲み続ける薬でした。

ちなみに症状にかかった理由は勿論性行為です、ちなみにその性行為の相手は出会い系で出会った相手です。なので病気と分かった瞬間には、私は若い頃から掲示板で数多くの女性と出会っており「ついに当たってしまったか…」という感じでした。

無事治ったから良かったものの、知識が無いのは怖いなとも実感させられました。それからはこんな性病で辛い思いはしたくないと思い、絶対にコンドームを着用しようと決意をしました。

が、月日も経ち、出会いで女性とはその後も多数出会う機会があり、どうしてもゴムを強要しない女性だとどうしても誘惑に勝てずそのまま挿入してしまいます。なので案の定再度性病にかかりました。

2回目以降は性器から膿が出たら「あ、性病になってしまった…」という感覚なのでそのまま病院へすぐに行きました。その後は処方される薬が「ジスロマック」を渡されてました。そしたらこのジスロマックがかなり効く薬ですぐに治りました。

ジスロマックというのは1回4錠、1日1錠を3回、シロップタイプを1回と、複数の飲み方があり、全てが1週間~10日ほど効果があります。ちなみに私は飲んだ日の翌日からすぐに膿が止まり、無事収まりました。

これはクラミジアには抜群の薬なので排尿時に痛みが無ければ、病院に行く際にはジスロマックを処方して貰うのが良いと思います。こんな私の性病体験談でした、膿が出たり、排尿時に痛みが走った際には早めにお近くの性病科へ駆け込みを。

エイズは多くの方にとって大変重大な疾患

エイズという病名を聞いて理解しない方は今や大変少ないのではないのでしょうか。
1900年代後半から世界中で猛威を振るいHIVという名称で多くの方を恐怖の底に落とし入れています。

一般的には男女間の性行為で感染する可能性が極めて高い病気として知られています。このような病気に感染する事で死に至るケースは極めて高いので多くの方にとっては大変重大な疾患として広く知れ渡っていますが、

実はまだまだ多くの方にとって適切な理解がされていないために多くの偏見を生む可能性も多い病気ですので、その点を十分に考えるて適切な知識の習得等に務める事でより多くの安全な知識としてこの病気と向き合っていく事が可能となるのです。

エイズは現在劇的な治療法や治療薬が確率されていないので、死に至るケースも極めて高いのが特徴です。いかにして自分の病を適切に管理するかはとても重要な事となりますが、エイズに関しては定期的な検査も含めて行っていく事が大変重要な事となります。

感染経路は血液や精液による感染が大変多いので、そのような点を考えるとやはり性行為等の際に多くの予防を事前に行っていく事が大変重要な方法となります。

性交の際にコンドームをきちんと着用する等という事も当然必要な方法となりますので、カップルや夫婦の間できちんとした認識を共有する事が大変重要な問題となります。

いかにして適切な管理を行って定期検査や予防に努めていけるかどうかはとても重要な事となります。エイズは多くの方が十分すぎる程理解している大変危険な病です。日本でも年々感染者が増加していますので、認知度も高まっています。

しかし、普段の日常生活の中では中々羅漢するものではないので、過剰にナーバスになる必要もないのが特徴です。いかにして適切な予防を行っていくかに関する知識があれば誰でも自分の健康管理を行っていく事が十分に可能となるのです。

性病は他にも沢山ありますが、直接的な死に至る病としての危険性はやはりエイズが一番高いのでその点を考えていかにして適切な予防方法を考えるかは大変重要な事となります。

普段の定期的な検査を怠らない事が自分が加害者となって多くの方に迷惑をかけないという点いおいては当然重要な事となります。いかにしてエイズと向き合って自分の生命を大切にしながら自分の人生を守っていけるかどうかは大変重要な問題となりますので、

その点を考えて自分らしい生活を存分に楽しんでいきましょう。

女性の方は、将来の為にもブライダルチェックを受けることも大切です。

初めての性病で泌尿器科へいった経験

就職して初めて給料をもらって、社会人にならないとできないことをやりたかった。それで真っ先にソープランドに向かいました。それが自分の初体験です。

しかし、5日ぐらい経ってから何か局部の先がムズムズするようになり、亀の部分を少し力を入れてつまんでみると痛む。こんなことは今までなかったことです。それが3週間ぐらい経つと明らかに痛みが感じられるようになりました。

局部に発疹とか何かができたわけでもなく、膿が出たというわけでもなく、痛みも常時ではなかったのでまだそのままにしました。ましてやちゃんとゴムを付けてコトに臨んだのになんで痛くなるのか理解できませんでした。

けれども放っておいても痛みが治まるわけでもなかったので、意を決して泌尿器科に行くことを決心しました。そこでの検査も全く予備知識がないままで。

下半身に身に付けていた物を全て脱いで診察台に横になる。これは覚悟していました。が、本当の地獄はここからです。先生がゴム手袋をはめて何をするのかと思えば、いきなり肛門に指を入れます。全く予備知識がなかったので大声をあげそうになりました。

「前立腺が少し腫れてるなぁ」と聞いたのを今も覚えています。次に極細の金属棒を取り尿道に通す。悲鳴を上げる寸前でした。診察後速攻でトイレに入り尻を拭きました。診察結果。陰茎の断面を描いた用紙に「ここの部分に菌が入ってるから」と亀の所の尿道を指し、それで納得がいきました。

注射を打ち、飲み薬をもらって終了。1週間後また病院へ。診察台に横になりましたが今回は気持ちの準備ができていたので大丈夫でした。痛かったけど。

診察室で先生は「トラコマティス菌」と言ったと思います。今ネット検索すると確かにそれが存在します。けど菌が消えたと言われた後も、局部に何か不快感がありました。また同じ病院に行って診てもらうと「何も出てないよ」と言われました。

これはおそらく、感染症という初めての経験で神経質になっていたのだと思われます。それから1年ぐらい経てば「喉元過ぎれば熱さを忘れる」。あの時はゴムを付けたのに感染した。

じゃ本番のないヘルスに行けばいいじゃないか、と考えてヘルスに。そして同じように感染しました。それでハッキリ理解できました。誰がどう言おうと断言できます。感染症は口からでも起こる!

欲望に負けて風俗に行くこともありますが、「口はしなくていいよ」と言って安全に楽しみます。が、キスをして次の日に唇がヒリヒリしたこともあります。繰り返します。感染症は口からでも起こる!

クラミジアで浮気を疑われた体験

32歳の専業主婦です。約一年前にクラミジアになりました。

クラミジアと発覚する前は「最近おりものが多いな」と思っておりましたがおりものシートを下着につけてマメに交換して対応しすぐに病院には行きませんでした。日が経つにつれてだんだんと痒みが出てきました。

そして、臭うようにもなりしゃがんだ時に自分の陰部から臭いがするのが分かりました。何か病気になってる!と思い産婦人科を受診しました。綿棒でおりものを採取して検査しました。結果は15分ほどで出ました。その結果クラミジアに感染していると判明しました。

そして、飲み薬と軟膏が処方されました。医師から「ご主人も感染している可能性があります。泌尿器科を紹介するのでご主人も受診するように伝えて下さい」と言われました。医師から言われたことを主人に伝えると「クラミジアのことを調べたらはセックスでしか感染しないらしいよ。浮気したのか」と言われました。

私は決して浮気なんかしていません、どうやって感染したのか全く分かりませんでした。主人に浮気を疑われたショックと怒りで「あなたか先に感染して私に移したんじゃないの?」と言ってしまいました。

後日、主人が泌尿器科を受診しましたが結果は陰性でした。念のためジスロマックという薬が処方されたそうです。そして喧嘩です。私もインターネットで調べましたがやはりセックスでしか感染しない。と記載されていました。

しかし、私と同じように「浮気していないのにクラミジアに感染した」と書き込んでいる人が何人かいました。訳がわかりませんでした。クラミジアが発覚した約2週間後に三人目の赤ちゃんを妊娠していることが分かりました。

赤ちゃんは問題なく成長しましたが、クラミジアの件から夫は私の浮気を疑い「自分の子じゃないのでは?」と疑っていました。浮気はしていないのでもちろん主人の子供です。疑われるのは仕方がないとは思いますが最悪のマタニティ生活でした。どういうことなのか訳が分かりません。

処方された薬でクラミジアは治りましたが、私達夫婦の間でクラミジアの話はしなくなりました。三番目の子供を無事に出産して夫婦関係も良好にならりましたが、未だに「なぜ、私はクラミジアに感染したのか」という疑問を抱えています。

まだ医学的に解明されていないのではないでしょうか。クラミジアになり危うく夫婦関係が壊れるところでした。この疑問に答えてくれる人がいたら是非答を教えて欲しいです。

性器ヘルペスに関しての知識

性病のひとつにヘルペスという病気があります。正しくは性器ヘルペスと呼ばれています。

口の周辺に出来るできものでもヘルペスがあるのですが、あちらとは原因が全く異なっていて性器ヘルペスに感染する場合には避妊をしないで性交渉もしくはオーラルプレイをする、がきっかけになります。

女性が感染を疑ったら婦人科や泌尿器科。男性は泌尿器科を受診します。

この性器ヘルペスは厄介な点がいくつかあります。一つ目は例えば男性から女性に感染した場合、感染源となっている男性が病気とは全く気が付かないで女性にうつしてしまう所です。

感染しても症状が出ないケースがあるため、誰が発生源かわからないので特定のパートナー以外と性交渉すると感染するリスクがあります。

他の性病にも自覚症状がなく異性に感染させてしまう事があるのですが、性器ヘルペスも同様です。例えば男性がどこかで女性と浮気をして性器ヘルペスをもらってきているにもかかわらず気が付かず、奥さんや彼女にうつして浮気がばれるという問題です。

男性に自覚症状がない事で「自分が加害者」と思わずにむしろ彼女や奥さんが「他の男性と浮気していたんでは」とあらぬ疑いをかけて、ますます修羅場になる事もあります。

このようなトラブルを避けるためには、少なくても特定のパートナーと性交渉やオーラルプレイを避ける事が大切です。男性はコンドームを必ず使うと安心です。大概の性病から身を守れます。

女性は感染すると性器に水膨れのようなものが出来るので、排尿時に痛みがどんどん強くなりそこで「何か病気になったのかもしれない」と疑いを持ち始めます。ちなみに最初に感染した時は激しい症状なのですが、再発した場合には比較的軽症です。

今こちらにも書きましたように、ヘルペスは一度感染すると再発する可能性が高い、というのが厄介な点二つ目です。再発の場合は誰かにうつされたのではなく、自分の免疫力が低下している際に自然にまた再発してしまうのです。

但し再発の場合、症状にもよりますが稀に自然に治癒するケースもあります。女性は妊娠中にヘルペスに感染する、もしくは再発すると母子感染して最悪の場合には胎児が死亡する事もあります。

性器ヘルペスに既に感染した経験がある方は、疲れをためない事、風邪などで体力が落ちた時は再発する可能性が高くなるのでいつもよりゆっくりする事が大切です。

女性は妊娠可能な年齢の場合、妊娠前に自覚症状がなくても性器ヘルペスの抗体があるのか調べてもらうと安心です。性器ヘルペスの際に使う薬は決して安価ではありません。厄介な病気をもらわないように、十分注意してください。

性病クラミジアとはどんな病気?詳しい解説

性交渉開始に若年化に伴い多くなっているのが、クラミジアという性病です。クラミジアという性病は珍しい病気ではありません。

男性も女性も性交渉した経験があれば、誰もが感染のリスクを持つような性病なのです。ここまでポピュラーな性病でありながら、きちんとした予防法を知らず感染をする人も後を絶ちません。

ではどのように予防をしていけばいいのでしょうか。クラミジアに関する病気の症状や予防方法をご紹介します。

クラミジアは、クラミジア・トリコマチスという菌に感染することによって起こります。感染の原因となる性交渉があってから、約1~2週間で症状が現れます。

男性がもしもクラミジアの症状が出た場合は、尿道炎で排尿時痛が起こったり尿道の分泌物が増えることがあります。女性が感染した場合は、膀胱炎や下腹部痛などが現れます。

このような症状が出る人もいますが、実際には出ない人もいるので、クラミジアにかかったことを気が付かずに経過してしまうことも少なくありません。

しかし一つ気を付けたいことは、女性が感染した場合、上行感染といって、膣から子宮口、子宮頚管、子宮、卵巣とさかのぼるようにして感染が起こってしまうために、将来的に不妊症になってしまうことがあるのです。そのためにおかしいなと思う症状があったら、早く受診をすることが大切なのです。

ではこのクラミジアに感染したことをどのように調べるのでしょうか。

男性の場合は、尿検査で調べることができます。女性の場合は、内診をして分泌物を取って検査することでわかります。検査してから結果が出るまでに数日を要します。

しかし病院に行って症状が疑われた場合には、検査で確定診断が出る前に内服治療を始めることも少なくありません。それほど早期治療が重要なのですね。

また治療を開始したら、定期的に受診をして再検査をし、クラミジア菌がいるかいないかで完治を判断します。大切なことは医師の指示通り内服をきちんと続けることです。途中でやめたりすると症状がぶり返すことがあるからです。

もしもおかしいな、クラミジアかなと思ったら、男性は泌尿器科を、女性は産婦人科を受診しましょう。そして自分に起こっている症状をきちんと伝えることが大切です。

また自分が感染とわかった場合には、パートナーも合わせて治療することが必要です。相手にいうのは恥ずかしいからという理由で、言わないで置くことよりも、きちんと事実を話し合い、一緒に治療を受けることが大切です。

関連する記事:将来の赤ちゃんのためにブライダルチェックを受ける

サブコンテンツ

このページの先頭へ